デンタルフロスでWhite tooth|綺麗で清潔な歯を長く保つ

Dental Care News

フロスの使い方

まるばつ

デンタルフロスを初めて行う人の中にはなかなか使い慣れにくく、綺麗に歯垢を取り除くことができない人も多いです。ですがフロスは使い方を覚えることで誰でも簡単に行うことができ、歯ブラシなどでは処理できない部分も綺麗にすることができます。糸巻きタイプのフロスはなかなか使いにくくて上手くデンタルフロスを行えない人が多いです、しかしフロスで輪を作ってから利用すると格段に使いやすくすることができます。普通にフロスを使用する際には指や手にフロスを巻き、また利用した部分を少しずつずらしてデンタルフロスを行う必要があります。そのため普通の使い方だと手に多くの負担がかかるので疲れやすく、また少しずつずらして使用するためにデンタルフロスを行う時間が長くなってしまいます。一方輪になったフロスを利用すると手に負担が少ないので楽にデンタルフロスを行うことができ、またずらして利用するのも簡単に行えるので短い時間でデンタルフロスを行えるので便利です。

歯のケアを行う際にはデンタルフロスを利用する人が多いですが、高齢者などの年齢が高めの人はデンタルフロスよりも歯間ブラシが利用しやすいです。年齢を重ねるごとに歯と歯の間の隙間は大きくなっていく傾向があるため、高齢者の方は歯と歯の間の隙間が大きい場合が多いです。そのため細いデンタルフロスを使用するよりも太さのある歯間ブラシが利用しやすく、最も効率的な方法なのです。反対に年齢が若い人や子供は歯と歯の間が小さくて歯間ブラシが入らないことが多いので、デンタルフロスを利用するのが最も良いケア方法です。高齢者の方は歯間ブラシでケアを行ない、若い人や子供などの方はデンタルフロスを利用することで歯垢を綺麗に取り除けるようにしましょう。