デンタルフロスでWhite tooth|綺麗で清潔な歯を長く保つ

Dental Care News

予防が大切

歯

歯と歯の間は最も虫歯が発生しやすい部分とされており、歯医者などでもチェックする際は歯と歯の間をまず最初にチェックすることが多いです。歯と歯の間には食べ物の残りや歯垢が溜まりやすく、入り組んでいるために歯磨きだけではなかなか取り除くことができません。ですがデンタルフロスを行うと歯と歯の間に残った歯垢や食べ物の残りなどを綺麗に取り除くことができます。このようにデンタルフロスは歯ブラシなどでは行うことができないデンタルケアを行うことができ、また虫歯が発生しやすい歯と歯の間を綺麗にすることで虫歯を予防することができます。大人がデンタルフロスをすることも大切ですが、特に虫歯になりやすい子供などにはデンタルフロスを率先して行うようにしましょう。現在では子供や老人の方でも利用しやすいようにホルダータイプのフロスが登場しているので、誰でも簡単にデンタルフロスを行うことができます。

歯周病は多くの人が抱えているものであり、知らず知らずの内に歯周病になってしまっている人が多いです。また歯周病はそのまま放置しておくと歯がぐらついてきたり、歯が抜け落ちてしまったりすることがあります。そのようなことが無いようにするためには、定期的にデンタルフロスを行って歯のケアと共に歯周病のチェックをしましょう。デンタルフロスを歯に入れた際に血が出たりフロスが血で染まったりした場合、歯周病などの炎症を起こしている可能性があります。その場合は歯医者やクリニックに伺い、自分が歯周病なのかをきちんと検査してもらいましょう。きちんとデンタルフロスを行って歯垢を取り除くことで、虫歯の発生だけでなく歯周病の予防も行えるのです。