デンタルフロスでWhite tooth|綺麗で清潔な歯を長く保つ

Dental Care News

デンタルフロスの種類

医者

デンタルフロスはプラークを綺麗に取り除くことができ、歯のケアをより効果的に行うことができます。こうしたデンタルフロスには2つの種類があり、それぞれの種類によって違った特徴を持っています。糸巻きタイプのデンタルフロスはメジャーのようなケースに長いフィラメントが入っていて、それぞれの利用する人が使いやすい長さに切ってから使用します。両手を使ってデンタルケアを行うので手先が器用な方やデンタルケアが得意な方が良く利用しています。反面子供や初めてデンタルケアを行う人にとっては使いづらく、女性などにはあまり利用している人はいません。歯の隅々まで細かく清掃できるので効果が高く、使いこなせれば歯に残ったプラークをより効率よく除去することができます。また一つに大量のフィラメントが入っているので経済性も高く、購入する際の費用も安いです。費用は安いですが使いにくいので、デンタルケアに自信がある向けのデンタルフロスです。

糸巻きタイプのデンタルフロスは手先の器用な方などの人に適したものですが、ほとんどの方はホルダータイプのものを使用しています。ホルダータイプは専用のホルダーにフロスが付けられているもので、両手を使わずに片手で使用できるようになっています。糸巻きと違い両手を使う必要がないので使いやすく、子供や初めてデンタルフロスを使う人でも使うことができます。誰でも利用できて糸巻きタイプと同じようにプラークを取り除けますが、糸巻きタイプと比べて量が少ないので購入する際の費用が少々高めです。デンタルフロスを初めて行う人はホルダータイプを、使い慣れている人は糸巻きタイプを利用すると費用を抑えつつきちんとデンタルフロスを行うことができます。